オリンパス企業年金基金

文字サイズ
オリンパス企業年金基金検索する

待期・繰下げ中の方の手続

中途退職者は60歳、定年退職者は65歳になったら老齢給付金(年金・一時金)の請求手続を行ってください

  • 勤続15年以上で中途退職し脱退一時金の繰下げを選択された方、定年退職で繰下げ(一部繰下げも含む)を選択された方には、退職後に「裁定通知書」をお送りしています。
  • 待期・繰下げ満了の約1ヵ月前に基金より「老齢給付金の裁定請求」のご案内をお送りしますので、老齢給付金(年金・一時金)の請求手続を行ってください。

※待期・繰下げ期間中に一時金のうけとりを希望される場合には、「選択一時金裁定請求書」と必要書類を基金まで提出してください。

※氏名や住所・電話番号が変更となる場合は、基金へ届出が必要です。このページの「変更届」をダウンロードし、必要事項を記入、必要書類を添えて基金に郵送してください。

※マイナンバーが記載されている書類を添付する場合は、追跡可能なレターパック等で郵送してください。

待期者・繰下げ者の方に必要な届出


※Excelファイルの印刷は、いったんダウンロードしたうえで行ってください(レイアウト崩れを防止できます)。

届出が必要なとき 必要書類 提出期限
<繰下げ満了時の老齢給付金の請求手続>
中途退職し脱退一時金を繰下げ中の方:60歳に達したとき
定年退職し確定給付企業年金を繰下げ中の方:65歳に達したとき
  • 基金より「老齢給付金の裁定請求」のご案内をお送りしますので、老齢給付金(年金・一時金)の請求手続を行ってください。
picture_as_pdf裁定請求書(待期・繰下げ・年齢到達者)
<添付書類>
・生年月日に関する市区町村長の証明書または戸籍抄本
・印鑑登録証明書
・退職所得があった場合は、その源泉徴収票
Excel_icon
退職所得の受給に関する申告書(Excel)(年金に代えて一時金を請求するとき)
(picture_as_pdf注意事項)
(picture_as_pdf【記入要領】退職所得の受給に関する申告書)
すみやかに
繰下げ期間中に年金受給の開始や一時金を請求するとき
  • 繰下げ中の方が一時金を選択するときは、右の請求書を基金へ提出してください。
picture_as_pdf選択一時金・年金裁定請求書
<添付書類>
・生年月日に関する市区町村長の証明書または戸籍抄本
・印鑑登録証明書
・退職所得の受給に関する申告書
※様式・注意事項・記入要領は上段参照
・退職所得の源泉徴収票
その都度
<再繰下げ申出の手続>
繰下げ満了後、65歳まで繰下げを継続するとき(定年退職者で繰下げ65歳未満の方)
  • 65歳までの再繰下げの手続を行ってください。
picture_as_pdf再繰下げ申出書
<添付書類>
・印鑑登録証明書
すみやかに
氏名、住所が変わったとき
  • 氏名や住所が変わったときは、基金に届出が必要です。
  • 届出がない場合は、基金からの大切なお知らせ等が届かず、適切に年金の振込ができないことがあります。
picture_as_pdf変更届(繰下げ者諸異動届)
<添付書類>
・氏名の変更に関する市区町村長の証明書または戸籍抄本(氏名変更のとき)
・印鑑登録証明書
すみやかに
繰下げ中の方が亡くなったとき(遺族給付金の請求手続)
  • 繰下げ中の方が亡くなったときは、ご遺族の方が基金までご連絡をお願いします。
picture_as_pdf遺族給付金裁定請求書
picture_as_pdf【記入要領】遺族給付金裁定請求書
<添付書類>
・請求者の印鑑登録証明書
・亡くなった方との身分関係を証明する書類(市区町村長の証明書、戸籍謄本など)
・(請求者が親族以外の場合に必要)死亡当時、亡くなった方と生計を同じくしていたことを証明する書類
すみやかに